ケーススタディ - 映画館編
目的 2015年1月、コカ・コーラ社は新製品のセールスプロモーションをイスラエル最大の映画館シネマシティ・テルアビブで行いたいと考えていました。広告主の目的は、キャンペーンを通じて新しいブランドとテイストをミレニアル世代に広く知ってもらうことでした。
ソリューション 配置された数台のデジタルスクリーンが、ゲームの方法を顧客に案内します。自分のモバイルを使って、バケットにポップコーンを“シュート”してみよう。成功すればドリンク・ビュッフェのクーポンが貰える、という仕組み。SCREEMOのプラットフォーム技術によって実現したコンセプトです。
結果 キャンペーン期間中、数千ものダイレクト・エンゲージメントを獲得し、ブランド露出は25,000回。勝利者のうち実際にクーポンを要求した人は87%という画期的な成果を上げ、コカ・コーラ社は5ヶ月間にわたる映画館キャンペーンで5.5%の売上増加を記録しました。